Ninadarts Blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

メモを取ることで身につく能力5選!?メモの魔力を実践してみた結果

f:id:nina278927:20190312051337g:plain

どうも!最近メモの魔力に影響されメモにはまっている二ナです。

最近メモの魔力とかメモがいいとかテレビや本で行っているけど実際どうなのと思ったことはないでしょうか?

僕も初めはそう思っていました。

 

そこで今回はメモで学べることを僕が実際にメモを常に取るようになってから感じたことも含めて書いていこうと思います。

メモの魔力にはメモで得られることが書いてありました。

簡単に述べると

 

  1. 情報を無視しなくなる。
  2. 相手の話をしっかり聞ける
  3. 話の骨組みがわかる
  4. 話し方があいまいじゃなくなる。
  5. アイディアが出るようになる。

 

メモを取るだけで入ってくる情報の量が変わります。

聞いているだけでは3割ぐらいしか入ってきませんが、メモしておけば7割ぐらいは入ってきます。

また後で見返すこともできるので、情報収集にはかなりいいでしょう。

 

僕も人の話を聞くときにメモするようになったら、かなり話が入ってくるようになりました。

わからない単語があった時に聞き流すのではなく書いておくだけでも後で調べられます。

(直接聞けばいいこともありますが、講義などではそうはいきません) 

一度の話で大量の分からない単語があったら暗記は難しいのでメモすれば何個あっても大丈夫ですよね。

 

 

相手の話をしっかり聞ける

僕は話を聞いているときにぼーっとしたりすることがありました。

しかし、メモを取ることで無意識に相手の話を聞こうと、自分に言い聞かせることができます。

また長い講義や講演などの場で質問の時に何の話か思い出せなかったことはないでしょうか?

 

そんな時にもメモをしておけば、前に話していたことを思い出すことができます。

メモを取りながら近くに質問を書いておけばすぐに質問することができます。

 

難しい話を聞いているときも「すごい」「へー」「おもしろいですね」のような簡単な言葉で返すだけでなく、「さっきの話のここを教えてもらってもいいですか」と質問をすることができるようになります。

そうすると、相手もしっかり話を聞いてくれていると思ってくれるため、しっかり答えを返してくれます。

話を分かりやすく整理できるようになる

相手が何の話をしているか、どこの話をしているのかがわかるようになってくるのでそれだけでかなり話が入ってくるようになります。

メモに慣れてくると相手の話を自分でがわかりやすいように瞬時に整理できるようになってきます。

 

前田裕二さんのノートを見たら自分なんてまだまだですが、かなり成長したと思います。 
f:id:nina278927:20190312052639j:image

実際に前田さんのノートですが、かなり見やすいですよね。

 

写真のように分けて書けるようになってくるとかなりメモのがいいものになるはずです。

初めのうちは、話を聞きながらこのようにかき分けるのは難しいと思うので、できる範囲でやっていきましょう。

やっているうちにできるようになっていくはずです。

 

話し方があいまいじゃなくなる。

話を分かりやすく整理できるといいました。

話を分かりやすく整理できるようになることで、自分が相手に伝えるときも話し方があいまいでなくなります。

何がどうしてどうだったのか、しっかり伝えられるようになります。

 

これは、就活などにも使えて、学んだことをメモにより広げて整理していけば面接のときに聞かれても簡単に答えられるようになります。

特に企業の人たちは詳細に聞いてくるので、あいまいな答えだとあまりいい印象を与えません。

しかし早めに整理しておけば、いざ面接となっても聞かれたことにあいまいな返事ではなく、自分なりの言葉で答えられるようになっているはずです。

 

コミュニケーション力も上がるのでぜひ活用してみてください。

 

アイディアが出るようになる。

f:id:nina278927:20190216005632j:plain

メモをすることで、アイディアが出るようになります。

というのも情報量が増え、自分なりに情報をまとめられ、コミュニケーション能力も上がるので、新たな考えがかなり出やすくなります。

 

メモのおかげで自分の考えが常に整理され、新しい情報も忘れずにいられるのがメモのいいところです。いままで思いつかなかったようなアイディアが出るようになったのは、メモをやっていて一番良かったと感じることです。

 

最後に

最後にメモをするだけで、自分が成長できるならしない理由はないですよね。

僕のように長時間人の話を聞くのが得意じゃないなと思う人や就活生で自己分析などをしたいには特におすすめなので、ぜひメモを取ってみてください。

 

メモの魔力にメモの取り方がかいてあるので、実際に買ってみるといいかもしれませんが、僕は自分なりに取るだけでもかなり変わりました。

(最近メモの魔力を読んで取り方を見直しました)

 

注意点としては、人と話しながらメモをするときは、初めに「メモ取ってもいいですか?」と一言聞いておくといいかもしれません。

本当に聞いているのかと思わせてはいけませんからね笑

 

 

今回の記事が参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。