Ninadarts Blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

今までのダーツの成長過程の紹介【スタートから現在に至るまで】

f:id:nina278927:20190107225059g:plain

最近ようやくフェニックスのレーティングがAA17まで上がったので、これまでの成長過程を紹介しようと思います。成長には個人差もあると思いますので参考程度に見ていただけると幸いです。

 

 

 

ダーツを始めた理由

f:id:nina278927:20190108001500j:image

台湾に短期留学した時に友達がダーツをやっていたので初めて見ました。

 

きっかけはそれだけで始めた時は周りの友達も初心者でしたが、一番下手でした😂負けず嫌いなので何度も挑戦しましたが勝てませんでした。

 

ほかの友達は初心者でもブルにめっちゃいれるのでダーツがあまり好きになれなそうだなと思いながらやっていました。

写真のように最初はわけのわからないところによく飛んでました笑

 

 

 ダーツを本格的に始める

 

始めた頃はそれほど本気でやる気はなかったのですが、日本に帰った後にユーチューブでダーツの動画を見たり、友達とダーツをしに行っていたりするうちに上手くなりたいと思うようになりました。

 

初心者の人にオススメなのはやはり動画を見ることだと思います。なにかコツをつかめるだけでなく、やる気の持続にもつながるからです。

 

あまり上手くならない

 

また少しずつ本格的にダーツを始めようと思ったのですが、フェニックスのレーティングではCCぐらいから全然上手くなりませんでした。だけど同じ時期に始めた友達はすぐにBに上がり差をつけられめっちゃ悔しかったです。

 

話を聞くとその友達はダーツを夜の7時から夜中の2時ぐらいまで投げっぱなしが続いていたらしくうまくなるためにはやはり練習の量が大切だなと思い、練習に行く量を増やしました。

 

 

Bに上がるまで

Bに上がるまでは結構時間がかかりました。上がった理由はダーツを練習しに行くことが多くなったからだと思います。最初はダーツボードからはみ出すことがよくあるぐらいうまくなかったのですが、何度も投げているうちに少しずつコツを掴んでBまで上がることができました。

 

この時ぐらいからクリケットや01のやり方を覚え始めダーツがさらに楽しくなってきました。

 

BBBまで

BBBまで上がるようになったのは、友達に投げてる量がまだ少ないからだよと言われてさらによくダーツに行くようになってからです。個人的にはB〜BBBぐらいまでは量が重要かなと思います。ただ僕は大学生だったので時間的余裕があったのはよかったなと思っています。仕事があったら仕事終わりで疲れているのになかなかいけないなと思います。

 

野球で最初から綺麗に投げられたらセンスがあると言われるのと同じで、ダーツも量をこなしてコツを覚える必要があります。そのためBまで早く上がりたい人は量を重要視してみましょう。僕はBBBに上がるまでは合計で何時間も投げましたし、他の人より成長は遅かったと思います。

 

また、ダーツの練習をしに行くのがめんどくさいけどうまくなりたい人はダーツボードを家に設置することをおすすめします。家にいるときテレビを見ながら投げたり、音楽を聴きながら投げたりできるということと、対戦相手もいないのでマイペースでできることでダーツを楽しく続けられるかなと思います。 

 

 

Aに上がるまで 

 

Aに上がったのは台湾に留学してからです。日本にいる間はBBBまで上がったのはいいもののダーツに行けない日が続くとBまで下がったりダーツによく行けるようになってもBBBまでしか上がらなかったりを繰り返していました。

 

この時期にマイダーツも変更したのでそれがたまたま自分に合ったダーツだったということもあるかもしれません。

 

台湾に留学したのはダーツを始めてから1年が経ってからのことなので、Aに上がったのはダーツについてさらに深く考えるようになってからです。今までは適当に投げることが多かったのですが、ダメなときほどどうするか考えるようになりました。メモなどを取るようになったのもAに上がる前からです。ちなみに僕はEvernoteというアプリを使ってます。

 

f:id:nina278927:20190107181930p:image

⬆️ダーツをしている時に思いついたことをメモする

 

また台湾では留学先のダーツ部のみんなと一緒に練習させてもらうことができモチベーションが落ちなかったのがよかったです。やっぱりダーツ仲間は大事だなと思います。

 

 

AAに上がるまで

AAに上がるまでは考えながら量もこなす必要があったので時間がかかりました。AAにあがったといってもAに落ちたり、また上がったりと繰り返しています。ちなみに今はA16ぐらいです( ´∀` )がんばります

 

AAに上がるまではAより一投一投に時間をかけるようになったことだと思います。前までは早いペースでなげていたので、調子に波があり時にはBまで落ちたりしていました。しかし、一投に時間をかけれるようになってからは落ち着いて投げることができるようになったのでそこが成長した理由かなと思います。

 

 

これからの目標

 

次の目標はAAAまであがってそれをキープすることです。しかし、仕事もすることになるので時間もなくなるとおもいますが、マイペースで地道に頑張っていこうと思っています。また日本でのダーツ仲間を増やせるように頑張ることも一つの目標です。

 

最後に

 

今回は簡単に自分の成長過程を描いてみました。成長過程は人それぞれですし、ダーツがうまいからといってどうということはないと思います。(お金を稼げるなら別ですが・・・)

 

ダーツのいいところは体を壊さないかぎり長く続けることができるということです。仕事を退職して時間があるときにダーツのプロになるかもしれないし、生涯の趣味になるれません。そのために僕が大切にしていることはできるだけダーツを嫌いにならないことです。

 

皆さんはどんなことを考えながらダーツをしていますか?

皆さんのダーツライフがいいものになることを祈っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。