Ninadarts Blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

ダーツでよくある悩みテイクバックの時の握りこみについて

f:id:nina278927:20190103022405g:plain

皆さんはテイクバックの際の握り込みはどのようにしていますか?

 

握り込みの方法は人によってさまざまでまた感覚的なものなので難しいものです。 今回はダーツでよくある悩みの一つの握りこみについて解説と僕の考えを書いていこうと思います。

 

 

 

握りこみとはなにか?

ダーツをやっているときに握り込みということばを聞いたことがありますでしょうか?僕はダーツを始めたばかりの時は聞いたことがなかったのであまり意識をしなかったのですが、ダーツを勉強するうちに研究するようになりました。

 

そもそも握り込みとは何か

握り込みとはダーツをひいてくる時(テイクバックの時)に腕をたたむと同時にダーツを最初のグリップよりも強く握る動作のことです。

 

 

握り込みはよくないものなのか?

あくまで僕の見解ですが握り込みはよくないものではなく、ダーツを投げるうえで仕方のないものだと思っています。むしろ握り込みをしないとダーツはしっかり飛んでくれないと考えられます。握りこんでしまって指に引っ掛かってしまう人は握り込みをしないようにするというよりはほかのことを意識する必要があると考えます。

 

プロの選手の動画を見るとテイクバックの時に握りこんでいるのが普通です。村松春樹選手のように握り込むときに回転させて投げるときに逆回転させる選手も見かけます。これをやってうまく投げるには練習が必要ですが、試してみてもいいかもしれません。

 

 

握り込みが気になる人はどうするか?

どうしても握り込みが気になる人のためにその解消の仕方について紹介していこうと思います。

 

テイクバックのスピードをゆっくりしてみる

 テイクバックが速い人ほど握り込みが気になるという人が多いです。握り込みはテイクバックが早ければ早いほどどこがおかしいのかわからず、修正が難しいのでテイクバックを少しゆっくりしてみるのもいいでしょう。

 

またテイクバック自体をなくしてテイクバックした状態から投げてみるのも効果があると思います。しかしこれはテイクバックをしたい人にはあまり向いていません。

 

握り込みを気にしすぎない

握り込みを気にしすぎないことが一つの対策になります。握り込みを気にしないように狙っているところに集中することを意識してみてください。今まで握り込みを意識していた人は、初めのうちは慣れないかもしてませんが投げる瞬間は目標だけを考えてみると楽に投げられるようになってくるはずです。

 

握り込みを練習する

実は握り込みなどは練習できるのです。ダーツを投げるとき普通は目標を見ますが、握り込みの練習するときは投げるダーツを見てみましょう。そうすると握り込みが改善された感じがすると思います。(感じ方には個人差があります。)この練習をするときはあくまで握り込みの改善なので目標にダーツが入ることは考えなくていいでしょう。この練習で少しでも握り込みがよくなったら癖が治るまでたまにでいいので練習を取り入れましょう。

 

最初から握りこんでおく

最初から握りこんでおくのもいいでしょう。最初から握り込んでおけばそのあとの握り込みも少なくなり違和感が減らすことができます。また無駄な力も入りにくくなるので効果があるはずです。

 

 

まとめ

握り込みが気になるときの解消法についてまとめました。

 

・テイクバックをゆっくりしてみる

・テイクバックをしないようにしてみる

・握りを気にしすぎず目標に集中する

・握り込みの練習をとりいれる

・最初から握り込んでおく

 

 

今回はテイクバックの際の握り込みについて紹介しました。

参考にしていただけると幸いです。

 

またほかの記事もあるので興味のある方はぜひ見てください。

ありがとうございました。