Ninadarts blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

受験勉強でやる気がしない時にどうすればやる気が出るのか?

f:id:nina278927:20181230114745j:image

 受験勉強でやる気がしない時ってありますよね。僕は大学受験のとき高校三年の夏までほとんど勉強をしていなかったため、学年では下から数えた方が早かったです。

 

しかし、塾などないかずに学年で上位に入ることができるようになり、レベルはさほど高くないですが国立大学に受かることができました。

 

その時にどのようにやる気を出していたかを紹介してみなさんの役に立てばと思います。

 

 

 

 

大学に行きたい理由を明確にする

 

まずやる気が足りない理由は目標が曖昧なことが挙げられます。例えば俺は東大にいきたい!!といってもなんでいきたいか理由がなければ頑張るのはむずかしいですよね。そのため少しでいいので自分の行きたい学校について調べる時間を作りましょう。本当に行きたいのなら嫌でも勉強するはずです。

 

例えば僕の場合、周りの人にお前は国立大学むりだよといわれ見返したかったので勉強しました。ただ僕自身単純だったのでこれだけでやる気に変わりましたがそれだけではやる気にならない人もいます。モチベーションは自分の欲求からくるものなので自分が本気になる目標をさがす時間を作って見ましょう。

 

 

音楽を聴きながら勉強を始めてやる気がでるまでやってみる

 

やる気がないときは音楽を聴きながら始めて見ましょう。自分の好きな音楽でもいいです。やっているうちにやる気が出てきたら音楽を聴くのをやめたり、音を小さくしたりすることで暗記しやすくなります。

 

しかし、本当は歌など音楽を聴きながらの勉強はあまりおすすめできません。東大生などで音楽を聴きながら勉強やってました。という人もいますが勉強をやっている量が違い音楽を聴きながらやっても集中できるのです。

 

そのため音楽を聴いて暗記できないときは歌なしのBGMに変えましょう。できれば知らない曲がいいです。例えば勉強している時に隣で自分の趣味や好きなことについて話している人がいたら耳を傾けてしまうように、音楽も知っている曲ならその歌詞を考えてしまいます。そのためBGMは歌なしで知らない曲や自然の音のBGMなどがおすすめです。

 

 

名言や逆転合格の話を見る

 

これでやる気が出る人は多いと思います。デメリットはあまり長く持たないことです。そのためユーチューブなどて何度も見るといいと思います。名言や逆転合格の話を聞いてやる気が出たらすぐ勉強をはじめる。やる気がなくなったらまた休憩がてらに見てみる。このように繰り返して見ると案外やる気が持続することがありますよ。

 

とりあえず机に座る

f:id:nina278927:20181230114801j:image

 とりあえず机に座っていましょう。勉強が嫌いな人は机に長時間座ることに慣れていません。僕もそうでした。そのため少しずつ机に座る時間を増やせば勉強道具にをつける時間も少しずつ増えて行くはずです。また机の上には必要最低限のものにしましょう。携帯は触り過ぎるなと思ったら、親に協力してもらって預けて置くのもいいでしょう。浪人生は勉強以外やることがなかったから勉強してたといいますが、そのように勉強しかやることがない状態にすれば、いずれ少しはするようになります。

 

 

携帯を勉強道具にする

f:id:nina278927:20181230114854j:image

やる気が起きないほとんどの人の原因が携帯だと思います。じゃあ携帯を使うなといわれればそうなのですが、簡単に携帯を使わなくなるなら悩みませんよね。

そのため携帯を勉強道具に変えましょう。例えばトップ画像を覚えたい単語にするとかゲームをよくする人なら最近よくある英単語を覚えるRPGのようなゲームだけするなど少しでも受験の役立つものをすればいいのです。ユーチューブで受験に役立たない動画を見るよりはるかにためになるはずです。

 

またユーチューブがやめられないと言う人はユーチューブで受験の動画を流しましょう。最初は興味ないかもしれませんが流しているうちに頭に入っていきます。コツは一回見たらもう見ないのではなくたまにもう一回みることです。最初は見るのもつらいと思いますが、勉強でやる気が出ない時に何もしないよりはるかに役立つはずです。

 

ちなみに僕は英語の単語はユーチューブでずっと流して見てました。最近は勉強用のアプリも出ているので、使うのもありだと思います。

 

 

家族に協力してもらう

 

案外気づかないことが多いですが、家族が受験勉強に協力してくれると心強いです。例えばテレビの音量を少し減らしてもらうだけで自分のやる気アップにつながります。携帯を預けることも家族の協力が必要です。眠い時に15分後に起こしてもらうなども役に立ちます。受験は団体戦と言うように家族も巻き込んで見ましょう。

 

 まとめ

・行きたい理由を明確にする

・音楽を聴きながら勉強を始めて見る

・名言や逆転合格の話を見る

・机に座ってみる

・携帯を勉強道具にする

・家族に協力してもらう

 

自分がやる気を出すためには様々な方法があります。この記事を参考に自分のやる気を出す方法を見つけてください。しかしやる気を出すことばかり考えていても始まりません。これを試してみようと思ったらすぐに実行しましょう。今始めれば将来が変わりますよ。

 

では