Ninadarts blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

ダーツの投げ方を忘れてしまうことの解決方法を紹介

f:id:nina278927:20181228011417j:plain

ダーツをしているといろいろな悩みが出てきます。

 

その一つに昨日は気持ちのいい投げ方ができていたのにその投げ方を忘れてしまうことです。ダーツをしている人なら一回は悩むことかもしれません。今回はそんな人のために解決方法を書いてみました。少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

勉強と同じで投げ方は復習して忘れなくする

忘却曲線というものがあります。

受験の時に来たことがある人もいるのではないでしょうか?

人が忘れていくペースをグラフにしたものです。

 

20分後には42%を忘れ、58%を覚えている。

1時間後には56%を忘れ、44%を覚えている。

1日後には74%を忘れ、26%を覚えている。

1週間後(7日間後)には77%を忘れ、23%を覚えている。

1ヶ月後(30日間後)には79%を忘れる。

というものです。

 

ところが一度暗記したものを24時間後に10分復習すると思いだし

次は一週間以内に5分学習すると思いだし、

その次は1か月以内に学習すると思いだすという風に

一度暗記したものは復習をすると思いだすというものです。

 

 

ここから何がわかるかというと

ダーツも勉強と同じということです。

 

毎回自分がどんなダーツを投げたかを思い出しながらダーツを投げることによって少しずつ自分のフォームが固まってきます。

ただ勉強などの暗記と違い感覚的なものなので

時間はかなりかかるものです。

 

 

そのため、時間をかけてゆっくり前のいい時フォームをイメージして

投げるようにしてみてください。

前のフォームはこんな感じだったかな?

というように最初は適当でもいいので徐々に近づけていきましょう。

 

 

フォームを忘れないように意識したことをメモする

f:id:nina278927:20181228012003j:plain

その日投げながら思ったことはメモするようにしましょう。

そんなにたくさん書かなくてもいいです。

 

たとえば今日は肘だけに意識をおくと調子が良かったとか、

プッシュ気味に投げるとすごく調子がいいなど

その日のポイントだけでもメモしておくと次の日に思い出しやすいです。

 

 

次の日にメモしたことが役に立たないこともありますが、

ほかの日に見返すと役に立ったなんてこともあるのでとりあえず残しておきましょう。

 

 

誰かのフォームをまねてみる

誰かのフォームを参考にしてみましょう。

例えば僕の場合だと初めのうちは

ダーツ界のレジェンド・フィルテイラーのまねをしていました。

そうするともし投げ方を忘れたのであれば

ユーチューブなどでフィルテイラーの投げ方を見直せばいいのです。

 

 

投げ方はまねしていても必ずどこかが違っています。

上手い人の投げ方をまねして自分が投げやすかったらその人のフォームをみて研究してみましょう。

 

フォームをビデオでとる

f:id:nina278927:20181228012011j:plain

やっている人も多いと思いますが、フォームをビデオで撮りましょう。

前の日と比べてみれば違いが見つかりやすくなります。

 

ビデオを撮った時は意識しているところ以外も注意してみてみましょう。

思っているのと違う動きをしている場所があるときはそこを意識して投げると次に投げるときにうまくいくと思います。

 

忘れないようにすることは大事ですが、

ビデオをみていい時のフォームを思い出しながら投げましょう。

最初のうちはビデオを見てもフォームを思い出すことは難しいですが、

徐々に思い出せるようになってきます。

 

 

またビデオを毎回とるのが嫌な人は、ダーツに行く期間が開く日の前にビデオを撮りましょう。

ダーツをやらない日が続くとどうしても投げ方を忘れてしまいます。

私も基本的にはビデオを撮るときはダーツをやらない期間が開くときです。

 

 

 

できるだけ考えることを少なくする

 

できるだけ考えることを減らしましょう。

初めのうちは考えながら投げることはとてもいいことですが、

その日のうちにたくさん考えて投げても忘れてしまします。

 

勉強もその日に数学、国語、英語など一度にたくさんの教科を勉強したら忘れてしまうようにその日はここを意識して投げるなど考えることを減らすと次の日に投げ方を思い出しやすくなります。

 

例えば今日は目標に腕を伸ばすだけを考えるなど、考えることを減らしてみるとリラックスして投げられます。

 

案外何も考えないでリラックスして気持ちよく投げられるフォームが理想に近いものなので、あまり考えすぎず入った時のフォームを思い出しながら投げてみましょう。

 

 

 

まとめ

 

今回紹介した方法をまとめました。

 

・忘れないようにダーツを投げる反復練習をする。

・フォームを忘れないようにメモする

・誰かのフォームのまねをする

・メモだけでなくビデオ撮影も取ってみる

・考えることを減らす

 

 

 

今回はダーツの投げ方を忘れてしまうという人に向けて書きました。

ダーツはスポーツなので感覚的なものです。

 

勉強などと違い100パーセント同じ投げ方をするのは不可能に近いでしょう。

しかし、できるだけ近づけることができます。

そのためにはやはり何度も練習することです。

 

時間がないという人もいると思います。

しかしだからこそ毎日1時間でも続けることが

上手くなり差をつける近道となります。

 

調子が悪くなったり、ダーツが嫌いになったりすると思いますが、

続けていればうまくなる瞬間が来るので頑張りましょう。

 

 

他にも記事を書いているので

下のボタンから見れるのでよかったら見てください。

 

それでは