Ninadarts blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

【ダーツ】初心者必見ダーツのグリップの仕方(ダーツの持ち方・握り方)

f:id:nina278927:20181202204324p:plain

ダーツのグリップ

どうも!二ナですm(__)m

 

 

ダーツを始めたけれど

握り方がわからない人やダーツがうまく飛ばない人

にぜひ参考にしてほしい記事です。

 

ダーツの中級者でもわからない人もいることがあるので

グリップについてあまり深く考えたことがない人はぜひ見てください。

 

 

 

 

ダーツのグリップには三種類ある

ダーツのグリップは三種類あります。

 

ツーフィンガー

 

・スリーフィンガー

 

・フォーフィンガー

 

の3種類です。

 

 

他にもファイブフィンガーもあるのかもしれませんが

一般的にはあまり見かけない握り方になっています。

(ダーツを持つときに小指は扱いづらいためです。)

 

 

上記の三種類ともよく使われているので

投げながら自分に合った握り方を見つけましょう。

 

 

ダーツの重心を調べることはとても大切

 

ダーツをグリップする前に必ず一度はやってほしいことがあります。

それは、ダーツの重心の確認です。

 

ダーツには重心があります。

 

写真のように指に乗せて落ちないところが

そのダーツの重心となります。

 

 

重心を持つことで投げた時ダーツのバランスがいいため

ダーツがきれいに飛んでくれるようになります。

 

どのダーツでも(ハウスダーツ、マイダーツ関係なく)

重心は存在するのでかならず確認しましょう。

 

それぞれのグリップの紹介

 

それぞれのグリップの紹介をしたいと思います。

 

 

ツーフィンガ

 

f:id:nina278927:20181202201831p:plain

ツーフィンガー

まずはツーフィンガーです。

ツーフィンガーは人差し指と親指だけでダーツを握る握り方になります。

中指は少し当たったり支えになったりと干渉することはありますが

中指でグリップを持つことはありません。

 

人差し指と中指の2本で握るため

バレルは短いほうが持ちやすい握り方になります。

 

触れる指が2本だけなのでダーツを手から離しやすい

一方で力がダーツに伝わりにくいにぎりかたとなります。

 

 

知野真澄プロなどが採用している握り方です。

下には以前知野選手が自分の新しいバレルを紹介したときの

映像になっていますがグリップの紹介もあり

すごくわかりやすく解説してくれています。

 


【インプレッション】知野真澄プロ・Masumi SP【ダーツ界のプリンス!】

 

 

 

 

 

スリーフィンガー

 

f:id:nina278927:20181202201856j:plain

スリーフィンガー

次にスリーフィンガーです

スリーフィンガーは親指と中指と人差し指で

ダーツを挟みます。

 

プロ選手では村松治樹プロや山田勇樹プロなど

様々な選手が採用している握り方です。

 

 

バレルの長さが短くても長くても採用しやすい

グリップでツーフィンガーより力が入れやすく

フォーフィンガーより話しやすい握り方となっています。

 

 

スリーフィンガーで投げる場合初めの

うちは人差し指と中指の間を適度に開けて持つと

安定して投げやすくなるはずです。

 

フォーフィンガー

 

f:id:nina278927:20181202201934j:plain

フォーフィンガー

最後はフォーフィンガーの紹介です。

フォーフィンガーは

小指以外の指をすべて使ったグリップになります。

 

ダーツが短いとフォーフィンガーでは窮屈に感じることがあります。

フォーフィンガーが投げやすい人は長いダーツを使ってみると

いいかもしれません。

 

スリーフィンガーよりもダーツを安定して持つことができますが

薬指の使い方が苦手な人は少し握りずらいグリップになると思います。

 

 

したにはJapanese Guy TV さんのプロのグリップのものまね

の動画を載せました。

 

これは完璧にものまねできているわけではないと思いますが、

参考になると思います。

 

自分の好きなプロ選手がいれば

まねして投げてみると楽しいかもしれません

またJapanese Guy TV さんの

ほかの動画もおもしろく参考になると思うので見てみて下さい。

 

 


プロのグリップものまね darts impersonation

 

 

始めたばかりの方にオススメのグリップはスリーフィンガー

 

始めたばかりの方にオススメのグリップはスリーフィンガーです。

 

 

なぜかというと握りがとても安定するからです。

始めたばかりの人によくある悩みはダーツがうまく飛ばないことです。

 

そのためグリップがうまくできないと

あっちこっち飛んでしまいがちです。

 

ダブルフィンガーもいいグリップではありますが、

力が入りにくいため初めのうちは難しいと思います。

 

フォーフィンガーだと薬指がうまく使えないと

投げにくいということと

始めたばかりの時は基本的にハウスダーツを使うので

ハウスダーツは短いものも多く

窮屈に感じることも多いです。

 

そのため初めはスリーフィンガーを試してみて

投げやすくなかったり、安定してきたりして

余裕が出てきたらほかの投げ方に変えてみると

上達も早くなるでしょう。

 

 

基本的なダーツの握り方

 

初めに説明したようにダーツを握るときは

まずダーツを人差し指の上にのせて重心を探します。

 

重心が見つかった後

重心を人差し指と親指で握ります。

このとき人差し指の位置は自分の握りやすい位置にしましょう。

 

第二関節や第一関節など

大体の位置を決めておくとグリップの時スムーズになります。

 

 

そのあと握りが安定しない

と思えばスリーフィンガーか

フォーフィンガーに変えていきましょう。

 

 

またグリップが決まった後は少し手首を寝かせましょう。

そうすることでスナップしやすくなり

勝手にダーツに力が加わってくれます。

 

 ダーツをしっかり握っていても手首をうまく使えなかったら

ダーツはうまく飛んでくれないので

グリップが決まったらしっかり投げる練習を繰り返しましょう。 

 

 

それでもグリップが決まりにくい人

 

それでもグリップが決まりにくいという人は

ダーツのバレルでグリップの決まりやすいバレルを

選んでみることも一つの作戦です。

 

グリップが決まりにくく投げにくい

ダーツも多いのでもともとグリップする場所の

大体の位置がきまっていれば迷いにくです。

 

例えば村松春樹選手のRISING SUN 3.0などは

人差し指と親指が当たるところが決まっているので

初心者でもグリップしやすいようになっています。

 

逆にグリップをいろいろ試してみたいという人は

小野圭太選手のSOLO G2(ソロ ジェネレーション2)

などがオススメです。

SOLOG2はリバーシブルグリップになっていて

いろいろなグリップを試すことができ、

自分の体の調子に合わせてグリップを替えることができます。

 

 

最後に

 

今回はダーツのグリップについて書いてみました。
初めのうちは自分のグリップを探すことに苦労すると思いますが
投げていきながら探していきましょう。

 

他にもダーツの記事を書いているのでよかったら参考にみてください。

www.ninadarts.net

 

それでは