Ninadarts blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

【ダーツ】オススメのマイダーツ(バレル)をランキング順に紹介!!

どうも!二ナですm(__)m

 

今回はオススメのバレルをランキング順に書いていこうと思います。

因みにランキングは個人が決めたものなので

好みなどにもよるので自分の好きなものを選ぶことをオススメします。

 

 

 

10位:DYNASTY KATANA KOTETSU (虎徹

 

DYNASTYの刀シリーズの1つで人気のあるダーツの1つです。

 

・スペック

材質:90%タングステン
セット重量:約20g
単体重量 :約18g
全長:41mm
最大径:7.4mm
バレル・シャフト・チップ・フライト・シェルロック

はそれぞれ1set(3点)づつ入っています。

 

・特徴

 

後部のほうがメインカットになっていて

グリップ感覚がすごく気持ちよくなっています。

また刀シリーズはモデルではないですが

タングステンは90パーセントですが価格もそこまで高くなく

見た目もシンプルでカッコよさもあります。

 

前方のほうに縦ラインのカットが入っているので

スリーフィンガーの人でもうまく掛けて

投げることができるようになっています。

 

重さは18gで安定して投げられる重さとなっています。

 

 

9位:パイロ ブレイジングシャドウ

 

パイロ ブレイジングシャドウは星野光正プロのモデルのバレルです。

 

・スペック

 

素材 : タングステン90%
全長 : 39.5mm
最大径: 7.8mm
重量: 17.0g(バレル重量)
1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

 

・特徴

 

全長が長くないため持つところがすごくわかりやすくなっています。

重量はバレルだけだと17gで

ちょうどいいぐらいの重さになっています。

 

重量には星野プロのこだわりがあって

軽すぎると少しの引っ掛かりでも影響が出てしまいますが、

逆に重すぎると指の力が負けてしまうことがあるため

この重量にしたということです。

また17グラムだと力のない人でも扱うことができるので

女性や軽いバレルが好きな人にもおススメのバレルになっています。

 

 

8位 Harrows TORNADO (トルネード)・TORNADO2

 

ハローズ ダーツトルネードは榎股慎吾プロのモデルのダーツです。

スペック

 

長さ:42mm
重さ:19.0g
最大径:7.5mm
素材:タングステン90%

1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

 

・特徴

 

重さは少し重めのバレルになっていて

安定して投げたい人に向いています。

 

グリップ部分は緩い凹凸があり指に密着し指離れをアシストしてくれます。

抜けの良さとバレルグリップの安定性があります。

 

さらに2018年の月に榎又プロのダーツがもう一つ発売されています。

 

それがHarrows TORNADO2(ハローズ トルネード2 )

 

・スペック

長さ:44.0mm
重さ:19.5g(バレル単体)
最大径:7.2mm
素材:タングステン90%

1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

・特徴

 

前回のバレル(トルネード)と比べると

長さが少し長くなり、重さも重くなっています。

しかし最大径が少し小さくなっています。

 

 

中指を使うスリーフィンガーグリップやフォーフィンガーグリップ

の人に合うように作られたバレルになっています。

 

 

7位:SOLO GEN-2 (ソロ ジェネレーション2)

 

SOLO GEN-2は小野圭太(おのけいた)プロのバレルです。

 

・スペック

 

バレル全長: 46mm
最大径: 6.6mm
バレル重量:18g

1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

 

・特徴

 

重量は18gと

1つ前出していたソロシリーズに比べすこし重くなっています。

このダーツの特徴はバレルの前と後ろを

入れ替えることができるというところです。

 

グリップにはマイクロデルタグルーヴカットと
マットグリップゾーン+マイクログルーヴカットといって
フィルテイラー選手や村松選手が採用しているカットのリバーシブル
ができるバレルになっています。

 

そのため手が乾燥しやすい人や手汗をかきやすい人でも

その時の自分に合ったグリップに変えることができるようになっています。

 

 

また見た目もカッコよく

ストレート形状で様々なカットが入っているので

たくさんのグリップができるようになってあります。

 

 

 

 

6位: RISING SUN 3.0(ライジングサン3.0) 

TARGET(ターゲット)RAISING SUN3.0は

村松春樹(むらまつはるき)プロのモデルのダーツとなります。

 

・スペック

材質

95%タングステン

セット重量

約21.0g

単体重量

19.5g

全長

42.5mm

最大径

7.8mm

1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

 

特徴

 

村松選手はグリップに球を持つ意識をしたくて

このグリップの形にしたそうです。

 

マットグリップが手にピッタリとつく感じがあることと

マイクログルーヴがあるため使いこんでも

マットグリップの感じが落ちにくいというのも特徴です。

 

 

人差し指と親指が当たるところにはあまりカットが入っていなく

中指の当たるところに回転をかけやすいようにカットが入っています。

そのためダーツを回転させて投げたいに人には特におススメです。

 

今回のライジングサンは中指のカットは溝が深く

もう1つのバレルとくっつけることができます。

 

また青色が2本白色が1本入っていて見た目もカッコよくなっています。

 

グリップする場所が比較的わかりやすくなっているので

初心者の方でも扱いやすいバレルになっていると思います。

 

 

5位:HELICAL

 

TIGAのHELICAL はBoris Krcmar

(ボリス・カリチュマー)プロのモデルです。 

 

・スペック

 

素材:90%タングステン
バレル単体重量:19.0g
全長:45.0mm
最大径:6.8mm

1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

 

・特徴

 

2018年10月31日に発売と最近出たばかりのダーツです。

 

ストレートバレルなのですが、

長さはロングとショートの中間ぐらいになっていて、

重量も19gと多くの人が扱える重さになっています。

 

見た目も虹色でカットもシンプルでかっこいいバレルです。

 

 

動画もあるのでぜひ見てみてください。

 


Boris Krcmar HELICAL 2018

 

 

 

4位:POWER 9FIVE G5(パワーナインファイブ ジェネレーション5)


ターゲットのPOWER 9FIVE G5は

フィルテイラー選手のモデルのダーツとなります。

 

・スペック

 

材質:95%タングステン
セット重量:約23.5g
単体重量 :22.0g
全長:41.0mm
最大径:7.85mm

1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

・特徴

 

村松選手と小野選手のダーツと同じで

持つところがマットグリップ+マイクログルーヴ

になっていて手に吸い付くような持ちやすさを実現しています。


重量がかなりあり安定したスローができるようになっています。


またストレートタイプでなく持つところがわかりやすいため
初心者でも扱いやすいばれるとなっています。



フィルテイラー選手はたくさんのバレルを出していますが、
個人的に一番好きなバレルはPOWER 9FIVE GENERATION-2です。

こちらのほうのスペックは


材質:95%タングステン
セット重量:約20g
単体重量:18.5g
全長:40.0mm
最大径:7.8mm

1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り


となっており、重量も比較的重くなく持つところも決めやすいため
特にグリップが決まりにくい人にオススメです。

 

下の動画はハードダーツ用ですが

形状は同じなので参考に見てください。


NEW 2015 Target PHIL TAYLOR Power 9FIVE GenerationTWO - 180 HD

 

 

3位:MAESTRO(マエストロ)

 

unicorn(ユニコーン)の MAESTRO は

浅田斉吾(あさだせいご)プロのモデルのダーツです。

 

・スペック

材質:90%タングステン
セッティング重量:約24.0g
全長:50.0mm
最大径:6.7mm

 1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

・特徴

 

重量はかなり重めに作ってあります。

抜けの良さを追求したバレルのため

投げるときにダーツがよく引っかかる人には特におすすめです。

とはいえ抜けの良さは誰でも大切にするところなので

扱いやすいバレルになっています。

 

小さい斜めカットがいくつもあり

どういう握りでも指にかかりやすいように作られています。

 

また形状は同じで色が違う

ノワール(黒のコーティング)

ピューリスト(虹色コーティング)

などもあり自分の好みに合った色を選ぶことができます。

 

一番の難点は価格が比較的高いことぐらいでしょうか。

 

 

 

2位:Gomez Type9 (ゴメス タイプ9)

TRiNiDAD(トリニード)のGomez Type9は山田勇樹(やまだゆうき)

プロのモデルのダーツです。

 

・スペック


材質:タングステン95%
全長:55.0mm
最大径:6.5mm
バレル重量:22.7g

 1set3本入り フライト・シャフト・チップ1set3本入り

 

 ・特徴

 

TRiNiDAD史上、最長・最重量 前重心のバレルになっていて

重さはあるのですがその代わりかなり安定して投げることができます。

 

カットはシンプルでそれがまたかっこいいところなのですが、

しっかりとカットが入っているので、

投げるときに安定して投げることができるようになっています。

 

さらにそれだけでなく

カットは階段状になっていて

手にかかりすぎないようになっています。

 

またストレートバレルを使ったことがない人でも

扱いやすいようにシャフトとのつなぎ目に少し傾斜があります。

 

価格も高くなくたくさんの人に愛用されているダーツになります。

 

1位:JADEITE(ジェダイト

 

・特徴


スペックにあるようにバレル重量20gと
女性の中ではかなり重いバレルになっています。

そのため男性でも重いと感じる場合もありますが
反対に誰でも使いやすく作られているバレルでもあります。

 

グリップの部分がごつごつした形になっていますが

引っ掛かりすぎずしっかりリリースした感覚を残してくれる

バレルとなっています。

 

またティップの近くにカットが入っていて

スリーフィンガーやフォーフィンガーの方でも投げやすくなっています。

ジェダイトというのは翡翠(ヒスイ)のことで
グリーンをオーバーレイしてあり男性にとっても女性にとっても

見た目のかなりいいバレルになっています。


最近はかなり人気のバレルでよく使っている人を見かけますが
だからこそいいバレルとも言えます。

 

 

 

 

今回はオススメのバレルのランキングを紹介しました。

ぜひ皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

他にもどんどん記事を書いていこうと思っているのでぜひ見てください。