Ninadarts Blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

【ダーツ】レーティングが上がらない理由:レーティング別レーティングを上げるために

f:id:nina278927:20181002012446j:plain

どうも!ニナですm(_ _)m

 

 

 

レーティングは自分の力を

測るのにはとても大切になってきます。

 

しかし、レーティングを気にして逆にレートが

下がる場合があるので注意が必要です。

 

 

レーティングは01とクリケット

自分の実力の平均になります。

 

そのため、どちらかが得意でも

どちらかが不得意であれば

レーティングは上がりにくくなります。

 

 

つまりどちらともうまくなる必要があります。

 

 

ちゃんと考えて練習することで確実に

レーティングを上げていくことができます。

 

今回はダーツのレーティングについて
レーティング別に
書いていこうと思います。

ちなみに僕自身AA以上のことは
まだ書けないのでCとBについて
書いていこうと思います。

ぜひ参考なればとおもいます。
(レーティングがAAなどを安定してきたら
新しい記事を書こうと思います。)

 

 

 

 

 レーティングがC(Bに上がったことがない)

 

下のようなことが理由に挙げられます。

 

・ダーツを始めたばかり

・投げ方に問題がある

・ダーツに力が伝わっていない

 

 

まず初めにBになるにはどれぐらいの実力が必要かというと

 

フェニックスダーツのB8

 

クリケットが 1.91~  (3本中2本マーク )

01は    18.15~   (1本平均の点数:3本で54.45)

 

 

ライブダーツBは

 

クリケットは 2.10 ~   

01は     60 ~  (3本中2本マーク たまに3本 )

 

となっています。

 

つまり

クリケットの場合は2本シングルに入れられれば

Bになる実力があるといってもいいと思います。

 

しかし常に2シングルに入れるというのは結構難しいです。

(プロの人でも緊張で外すことがあるぐらいなので・・・)

 

 

 

 

 

・ダーツを始めたばかり

 

ダーツはここからスタートなので

初心者にCが多いことは当たり前です。

 

しかし、練習量と投げ方がよくなれば

すぐにBになることも可能です。

 

 初心者におススメの練習法は

最初からトリプルを狙わず

シングルに確実に入れる練習をしましょう。

 

トリプルに1本入れても2本外してしまえば

シングルに3本入れることと同じです。

 

 

 最初のうちはシングルを確実に取れる人は

レーティングが上がりやすいと思います。

 

またそういう人のほうが

Bに上がった後も上達のスピードが速くなると思います。

 

 

 

・投げ方に問題がある

 

これも初心者に多いのですが投げ方を教えてもらっていないため

ダーツがうまく飛ばないのです。

 

もし近くに教えてくれる人がいない場合は

ユーチューブなどでプロの人の投げ方を見てみましょう。

 

それをまねするだけでかなり変わってくるはずです。

 

プロの人でも面白い投げ方をしている人を見かけますが

いろいろな投げ方を試した結果の投げ方なので

初心者や投げ方をいろいろ試してみるといいでしょう。

 


・ダーツに力が伝わっていない

 

これは投げ方もそうですが

グリップに問題があります。

 

ダーツの握り方が悪いためうまくダーツが飛ばないのです。

これは何度も投げて自分に合った握り方を習得する必要があります。

 

これもプロの投げ方などをよく見て

まねしてみるのがいいと思います。

 

1本だけで握っていたけど
2本のほうがしっくり来たなど
人によって全く違います。

 

グリップは基本的にダーツの重心あたりを持ちます。

軽く投げてもダーツが的に届かないのであれば

持ち方がよくない証拠と言えるでしょう。

 

f:id:nina278927:20181002170938j:image

 

写真のように人差し指に乗せても

落ちない位置を探す。

 

f:id:nina278927:20181002171014j:image

 

そしてそのまま人差し指と親指でダーツを握る

 

人によっては2だけだったり

3本や4本で握るひともいたりします。

 

 

 

グリップは本当に大切なので

試行錯誤して自分のグリップを見つけましょう。

プロのトップ選手でも研究しているぐらいなので本当に大切です。

 

ハウスダーツ(お店においてあるダーツ)を使っている。

 

 

ハウスダーツを使ってもレーティングは高くなれますが

確実にいいダーツをもっているほうがうまくなります。

 

f:id:nina278927:20181002171404j:image

 

☝これがいま僕の使っているダーツです。

自分の好きな色やかっこいいデザインにアレンジできるところも

マイダーツのいいところ!!

 

 

なぜハウスダーツに問題があるかというと

ハウスダーツは軽すぎるからです。

自分に合った重さのものを選ぶことで投げやすさが全然違います。

 

安いものもあるのでマイダーツを購入することをオススメします。

 

 

同じものを何度も投げることで

感覚が身につき思い通りに投げられるようになってきます。

 

 

またマイダーツについての記事もあるのでぜひ見てください。

 

nina278927.ninadarts.net

 

 

レーティングB(Cに戻ったり安定しない人)

 

このレーティングの人の特徴で良くあるのは

Cとほとんど同じです。

 

 

・投げ込みが足りない。

 

投げ込みが足りないこと

ダーツに行く頻度にばらつきがあると

このレーティングになりやすくなります。

 

できるのであれば家にダーツボードを

買って暇な時に投げてみるといいでしょう。

 

しかし、

マンションなどで投げられないと言う人もいると思うので下のことを

実践してみてください。

 

 

BとCを行ったり来たりしている人は

時と場合によって波があるので

最初のアップを長めにとって

調子が出て来てから試合をしてみてください。

 

また疲れたらすこし休んでから投げる

練習に替えてレーティングに影響しないように

しましょう。

これを行うだけでかなりレーティングが

変わってくると思います!

 

 

良く早めに試合をして調子が悪くなっても

休まず試合をしている人を見ます。

 

気持ちは本当にわかりますが、

それをしてしまうと

調子が出てない時に

投げ方が悪いのと勘違いして

レーティングを下げる原因になります。

 

これはほかのレーティングの人にも

言えることなので

当てはまる場合は注意してください!

 

 

・フォームチェック

 

また、グリップやフォームを携帯などで撮り

チェックしてみましょう。

 

狙ったところに飛んだ時と飛んでない時の

フォームを見比べて

自分のフォームのどこがいけないか自己分析してみてください。

 

これだけでダーツが楽しくなってくると思います。

 

個人的にみるポイントは

 

・立っているところはどこか

・テイクバックはどのくらいしているか

・ダーツの離れ方はどうか

・最後に手がどこに伸びているか

 

などをチェックします。

悪いと思ったところだけを意識してもう一度撮り

よくなっているようであればそれで練習するようにしています。

 

 

 

 

レーティングBの人(AにもCにもならない)

 

レーティングBの人はCと比べ

ブルが安定している時があったり

トリプルに入ったりと

狙ったところによく入るようになっています。

 

 Aに上がるためにはいくつか実践しなければならないことがあります。

 

 

・ブルの練習が大切!

 

当たり前じゃんと思う人もいるかも

しれませんが

ブルが下手だとAに上がることは厳しいです。

というのも01でもブルが大切だし、

クリケットでも最後はブルが大切だからです。

(特にクリケットでは最後にブルが入らずレーティングが

かなり下がる人がいます もちろん私もその一人でした( ^ω^)・・・)

 

 

そのためブルの練習を多めにするようにしましょう。

例えば試合を何度もするのではなく

カウントアップなどを多めに行うとブルの練習になります。

 

個人的にはトリプルも大切ですが

ソフトダーツではブルが一番大切だと思います。

 

ブルに入るのであればトリプルも

入れることができるようになります。

 

(Aフラの人がAAフラになるためにもブルは必須なので

早めにブルになれておきましょう!)

 

・練習量が足りない

 

全部に言えることなのですが

ダーツは感覚的なものなのでどうしても

練習が必要になってきます。

 

一日3時間考えて投げれば1ヶ月でかなり上達します。

そんなに時間をとれる人も少ないとは思いますが・・・w

 

だからこそできるだけダーツをする時間を増やしましょう。

 

例えばマッチも大切ですが、

相手が投げる時間があることを考えると

一人でカウントアップやクリケットを練習したほうが

数は投げられます。

 

そのため時間がない人は今日は〇試合だけする

と決めてあとは自分ひとりで練習するの時間に

すると練習が効率よくできると思います。

 

また、問題がない人は自分の家に

ダーツボードを買ってみてもいいかもしれません。

 

テープで張り付けたりもできるので、

マンションの人たちでも購入が可能ですし、

最近は音が静かなダーツボードもあります。

 

家にダーツボードがあるだけで

はるかに練習量を増やすことができるので

実力は確実にアップすると思います。

(もちろん練習をちゃんとすればの話。。。)

 

 

 

 

まだ書きたい内容がいろいろあるので、

徐々に載せていこうと思います。

ほかにもダーツの記事を書いているのでよかったら見てください。

 

www.ninadarts.net

 

またコメントなどをいただけると幸いです。

 

では</p