Ninadarts Blog

どうも!ニナですm(_ _)m自分の経験について色々載せています。コメントなどお待ちしてます。

スポンサードリンク

台湾への交換留学の際に必要なものとは?保険、ビザ、健康診断について

どうも!二ナですm(__)m

 

台湾への留学が決まり、今大急ぎで準備を進めているところです。

 

今回は、交換留学の際に必要なものを紹介していこうと思います。

(時期や大学によって異なることがあるため

しっかり調べたほうがいいです。責任は持てませんので・・・<(_ _)>)

 

目次

 

 

 

パスポート

初めて海外に行く人はパスポートをとる必要があります。

外務省のホームページに詳しく記載されているのでこちらをご覧ください。

 


www.mofa.go.jp

 

またパスポートがない場合ビザが取れないので、

留学が決まり時間がない場合はパスポートを優先してとりましょう。

 

申請から受領までに、通常1週間程度かかるので

余裕をもってとったほうがいいです。(土日祝日は開いていないです。)

 

5年間の旅券と10年間の旅券があります。

海外にこれから先も行く予定がある人は

最初から10年でもいいかと思います。(20歳以上の制限があります。)

 

5年が11000円、10年が16000円です。

結構高いですね(;^_^A

 

 

 

ビザ

次にビザです。

台湾に交換留学する際には停留ビザか居留ビザを取る必要があります。

ビザに必要な書類は留学先留学の期間によって違います。

 

一般的な手続きでは、まず停留ビザで入国してから、

居留ビザに切り替えの手続きを行きます。

そのため私は停留ビザを取りました。

 

私は台湾に半年以下の留学のためその時に必要だった

ビザの書類を紹介したいと思います。

 

詳しく知りたい人はしたのページで検索してみてください。

 

査証 - 台北駐日経済文化代表処

 

交換留学の停留ビザに必要な書類

(語学学校に留学するときに必要な書類とは違いがあります。)

 

①旅券(パスポート)

原本とコピー1通

 

②ビザ申請書

登録した後に印刷し自分のサインをした後に持っていきます。

 

③背景が白の証明写真2枚(縦4.5㎝×横3.5㎝のパスポートサイズ)

証明写真は背景が白出ない場合とり直しをしなければならないので

注意が必要です。

 

④留学先の学校からの入学許可証(原本とコピー)

 

⑤現在の所属先の在学証明書(原本1通)

 

⑥健康診断書(原本とコピー)

 

半年以内の交換留学の際には必要ないみたいです。

私は持って行ったのですが使いませんでした(笑)

 

⑦往復航空券または予約確認書

(居留ビザの場合片道でも可)

 

私は往復券を購入しました。

往復券のほうが値段も安いため往復券の購入をオススメします。

(片道がダメなのは知らずギリギリまで片道を買うところでした笑)

 

海外旅行保険に加入している保険証のコピー

 

持っていきましたが半年以下の留学ではいらないのか

書類は返されました。

しかし、留学の際は留学先から保険に入るように言われるので

入らなけらば行けないはずです。

値段は半年で約5万~10万します。

私は67000ぐらいでした。

 

⑨ビザ費用

マルチビザの場合は10500で

その日にビザを発行してもらう場合は15800かかりました。

 

また未成年者の場合

・保護者の同意書

・パスポートまたは運転免許証のコピーが

・住民票

などが必要とのこと

 

 

私は書類を忘れてしまい実家に帰らないといけなくなったので

皆さんは注意して持っていいって下さい(笑)

(その時は何とか大丈夫でした)

 

f:id:nina278927:20180805221902j:plain

九份

 

 

健康診断書

次に健康診断書です。

私の場合は送られてきた文章が英語と中国語表記のため

その場合でも可能な病院に行きました。

 

できる病院とできない病院があるみたいなので

電話で確かめたほうがいいです。

大学の国際センターの人に聞いてみるのもいいと思います。

私の場合は大学の保険センターの方が教えてくれました。

 

一つの病院では検査項目を満たさないこともあるらしいのですが

私の場合は一つの病院で大丈夫でした。

 

基本的にワクチンは一本1万円ぐらいします。

お医者さんに自分のいく国を言ったら相談してくれます。

 

私の場合はすすめられたワクチンは

すべて打ったので結構な値段でした(´;ω;`)

(今後の予定でミャンマーに行くこともあったからです。)

 

初日には下記のもので約17000円ほどかかりました。

 

・初診料

HIV検査代

・梅素検査代

・抗体価検査代

 

2日目は下記で約46000円かかりました。

 

診断書代

MMR(麻疹、風疹、おたふくかぜ)ワクチン

髄膜炎菌ワクチン

A型肝炎ワクチン

 

合計で約60000円ぐらいですね。

もしワクチン接種がなくても25000円ぐらいにはなりそうです。

 

 

 

海外保険

海外保険は留学の期間によって変わってきます。

留学先の大学や語学学校によっても保健期間が決まっている場合があるので

注意してください。

私の場合、留学期間は5ヶ月でしたが、6ヶ月の保険をとるように言われました。

 

 

6ヶ月で約66000円でした。

大学の薦めている保険に加入したので他の保険よりは

だいぶ安上がりかもしれません。

(友達で9か月の保険代で15万円を超えたという人もいました。)

 

私は台湾で救急車で運ばれたことがあるのですが、
約15000円払いましたが保険により戻ってきました。
保険は高いですがやはりなにかあった時のために必要ですね。

特に台湾は交通危ないですので(笑)

 

 

 

 

財力証明

最後に財力証明です。

台湾の場合半年間の交換留学には30万円以上口座にあることを

証明する必要があります。

 

そのため銀行に行き財力証明(残高証明)を発行してもらいしょう。

また期間などで50万以上の財力証明が必要など値段が決まっているので

注意しましょう。

 

英語と日本語があり、ビザを取る際には日本語でもいいようですが

留学先に持っていく際は指定があると思うのでしたがいましょう。

 

私の場合はTWDかUSDであらわさないといけなかったので

英語表記の書類にして残高はUSDで表記してもらいました。

一応ビザの時にもつかうので日本語表記の書類も作ってもらいました。

(2枚作ってもらうのに1080円かかりました。)

 

※注意ですが、英語表記にする場合住所は自分で英語で記入します。

心配な人はホームページに載っている書き方などを

参考にしてみてください。

 

 

 

少しでも皆さんの参考になれれば幸いです。

 

 

では

 

(少しずつ追記していくと思います。)